さらば脂肪!美容外科の痩身術にはいくつかの種類があります

婦人

美容外科で細くなる

体重計を持つ女性

脂肪をなくす方法

運動をしなくても痩せる方法があります。それは美容外科で整形手術を行う事です。整形と言えば顔のパーツを形成したりバストアップをするイメージがあるかもしれません。実は痩身にも効果的な整形方法があるのです。体脂肪が高い人は筋肉が発達していて太ってみえるのではなく原因は脂肪なのです。脂肪を少なくすれば細くすることが可能なのですが、痩せたい部分だけ痩せるのは極めて難しいと言って良いでしょう。自己流のダイエットでは痩せたくない部分だけ痩せてしまうこともあるのです。部分痩せに効果的なのが脂肪吸引です。整形の痩身メニューの中でもベーシックな痩身方法なのですが、気になる部分の脂肪をピンポイントで取り除くことができるので部分痩せも実現します。また、即効性の高い痩身方法なので、手術をした直後にも変化がハッキリわかります。美容外科によって吸引方法も多少異なります。メスを使用して切開して管を通す場合と特殊なマシーンで切開せずに脂肪を吸引する方法があります。切開したほうが一度に多くの脂肪を取り除くことが出来ますが、切開しないほうが身体にとってのリスクを抑えられます。メリットデメリットを把握してから行ってください。

筋肉を細くする

整形で痩せる方法は脂肪吸引以外にも筋肉を細くする方法があります。近年需要が高まっているボトックス注射は、筋肉に作用するので脂肪を取り除くのではなく筋肉自体を細くする効果があります。特に筋肉太りの方にオススメの手術方法です。実はふくらはぎが太くなってしまう原因は脂肪ではなく筋肉の割合が高いのです。しかし、日常生活の中で太くなった筋肉を細くするのは困難です。過去にスポーツを行っていた人がダイエットをしてもふくらはぎだけ太くて痩せないこともあります。ボトックス注射を打つことによって筋肉の動きを弛緩させることが可能なので、筋肉が段々と細くなっていきます。筋肉は使えば使うほど発達していきますが、逆に使わなければ発達しないので自然と細くなるという訳です。ボトックス注射の特徴としては、治療を受けた直後からすぐに細くなることはありません。時間をかけて細くなっていきますので、術後すぐに変化がなくても心配はいりません。そして数回治療を受ける必要があります。ボトックスを注入する量にもよって異なりますから、通う回数などは最初に医師と相談しながら決めましょう。ダイエットをしなくても美容外科でスリムな身体を手に入れることができます。